剪 定

切るときゃ切ります!

初めて手入れを頼まれるお客様によっては、今まで手をいれていなかったという方や、自分でやっていたら大きくなってしまった、植木屋が下手だった、などの理由で、たいへんボサボサになっているお宅があります。
そういうお宅こそ、プロの腕の見せ所、周りのお宅の迷惑に成らないように、小さくします。

小さく出来る条件

*注意!詳細条件は木によって違います。心配な方はご相談ください。
○いつなら切ることができるか
  大概は春先の新芽の伸びる時期が最適です。
  落葉樹は、休眠期に入る冬でもいいです。
  ただし、どの場合も来年の花は期待しないという条件で行ってください。
○どこまで切ることができるか
  基本的には、葉を残せるところまでの切りつめが安全です。
  落葉木の場合は、新芽が残っているところが目安です。
  木によって、葉がないところまで切っても芽が吹いてくる木もありますし、特にヒバ類に多いですが、葉がない
  ところまで切ってしまうと、そこからは芽が吹かない木もあります。


          特に皆さん’生垣が道路からはみだしちゃって’、というご相談が多くあります。
              上記の条件から切ると、どうしても切り込める限界があります。
      毎年徐々に芽が吹くのを見ながら小さくしていきますが、思ったほど小さくならないこともあります。
                最初にご自分で苗木を買ってきて植えた場合も同じです。
       大きくなるまでそのままにしておこうとなさると、大きくなったときには、中の枝がなくなり、
                外にはみ出してしまうので、手に負えなくなるのです。
             木は、毎年はさみを入れ、小さいうちでも切るようにしましょう。
            そうすると、切ったところから芽が多く吹き、逆に充実した木になります。
  
  

このモチノキは、おとなりにあるアパートの二階の屋根より高くなっていました。
前回手入れしたのは5年前です。
長いものでは2m以上の枝を切っています。

手に持っている枝が、天辺にあった枝です。

太い枝はチェーンソーの出番

お隣のアパートも見えるようになりました。

高さも幹から切って小さくしています。
将来は玉散らしの仕立てになるように、枝の切り方、残し方を考えてあります。

こちらのレッドロビンは、今まで手を入れていなかったものです。
屋根や壁にもくっつき、二階まで被っています。

レッドロビンは、葉がないところまで切っても、芽が吹いてくる木です。
道路からはみ出さないように、屋根に被らないように、さらには内側を
歩けるように切り詰めました。
家人も喜んでおりました。(これからは反省して毎年頼むとのことです)

これは同じお宅のカシの木です。
太い枝を中側から切り、細い葉だけ残してあります。
そうすると、切り詰めているのに、とても品のある仕上がりに見えます。

チャボヒバです。
これは葉のないところまで切ると危険です。
高さだけ1.5m切り落とし、テクニックを駆使してスマートな仕上がりにします。

先ずは葉の残るぎりぎりまで
切り詰めます。
しかし、中は枯葉でいっぱい、
枝は混みあっていてきれい
ではありません。

そこで、一度大きさを整えたら、枝透かし剪定をします。
混みあった内側の枝を切り、立体感と裏側の覗けるすっきり感を演出します。

相嶋造園

親サイトも情報満載!