夏涼やかに
自宅の庭木

8月の庭先の様子です。
花も少ないし、見るものはあまりないように感じますが、木々の緑色が一番深まる季節です。
どの植物も、花を咲かせるためや、寒い冬を乗り切るための栄養を蓄えようと、我先に枝と葉を伸ばす、いわば繁殖期。その生命力を感じ見てください。

親サイトも情報満載!

相嶋造園 二代目がゆく!

 単に緑色と言ってしまうと、1色しかないように聞こえます。しかし、一枚の写真の中でさえ、これだけ植物によって緑色に違いがあることがわかります。。午後の照りつける日差しを浴びて、葉が輝いています。きっと光合成の真っ最中ですね。

 中でも自分のお気に入りはシダレモミジ。
枝が横に張り出しながら、葉先がやさしく垂れている姿がとても優雅。
 それなのに、細めの葉が放射状に広がっているのを見ると、命が燃えているようです。
見ているだけでパワーをもらえる木です。

 毎年、7月になってようやく完全にその年の新葉を出すソテツ。暑いところの樹木にとっては、野田では寒いのでしょうね。葉が出るのが遅いです。
いつもは触ると尖っていて痛いのに、この時期だけは柔らかいのが新鮮です。
ソテツの手前はやはり熱帯の木ハナキリン。

 我が家のマスコットの狸も、いつもと勝手が違い、ソテツの葉の間からご挨拶。

 ちょっとお疲れは否めませんが、草花も元気です。

深い青緑の葉が特徴のオリーブ。樽に植えてあります。

 睡蓮の植えてある水鉢。
水ものがあると、それだけで涼しさを運びます。その周りにはヒオウギがきれいな花を咲かせています。一緒に写っているのは、ミニバラ、ギボウシなど。

左は一才フジの花。ピンク色の花が房を作ります。

 庭の奥にそれぞれひっそりたたずむ灯篭。
どの灯篭も緑に覆われていますが、その繁茂した葉が、実は風情を引き立てているのですね。
苔むした古さは、日本庭園ではワビ・サビを表します。

 叔父の力作、そりの入った屋根のついた井戸小屋と、その脇に植えられているヤマモミジの大木。カメラに収めるには大きすぎました。井戸の前にはシュウカイドウが群生しており、これから花を楽しませてくれます。
 上記はシペラスの葉。左はシダレエゴの実。どちらも井戸のそばにあります。

 先に紹介した青シダレモミジ。
手入れをしていないのでボサボサですが、それもまた自然。
 低木もかなり繁ってきました。

 裏庭の家庭菜園の周囲にも、多くの花が植えられています。メランポディウム、カクトラノオ、色々な花の混じったダリア、他にも順に色々な花が咲き出します。
 夏野菜もそろそろ終盤。右写真はトマトと数種のミニトマト、ズッキーニ。

夏の青空は格別です!陽の高さを感じます。暑いですけど、部屋にじっとしていられない衝動に駆られます。

 日の沈む数分前。太陽に照らされた雲が輝いていました。でも何だか怪しい雲の形。一雨来るかもしれません。

 針葉樹も、ひと夏でかなり伸びました。
寒い地方の木には、この暑さはどう感じるのでしょう。

 白鷺が翼を広げたような形をしているところから名づけられたサギソウです。
自生野生のランの一種ですが、暑さと乾燥には弱いので栽培は少し手間がかかります。この美しい姿を見ると、夏の暑さも忘れます。

 夏の花木の代表格サルスベリ。
最近花色も増えました。

 石組みにかぶさる樹木たち。赤い葉色のメギも緑の葉の中に目立ちます。ホント色々な植物が存在するんですよね。

8月下旬、雨上がりの昼下がり。庭を一回りしてみました。

 朝の雨がうそのような青空。5mにも達するサルスベリの株立ちに、満開に花が開きます。

 シュウカイドウも花盛り。

 睡蓮の花も見つけました。

 黄色のハイビスカス、ベコニア、マリーゴールドなどなど。

 ラベンダー&
ポーチュラカ

 これ何だかわかりますか?
実は花の終わった柏葉アジサイです。
本来白い花なのに、すでに役目を8割がた終え、完全に垂れ下がっていますが、それがまた風情ある姿です。

 ヒオウギにとまる黒アゲハ。蜜を集めに来たようです。

終わりかけの、シモツケの紅白の花。

 花だけではなく、カラフルな葉が楽しいコリウス。

ミョウガも取り放題!

ミソハギとケイトウ

キクも順番に開花し始めました。

 ブルーベリーも食べごろ。

 垣根からはみ出すセンリョウも、冬に向けて色づくでしょう。

ミョウガと共に薬味で重宝なシソの葉。

 シソの周りに顔を出し始めたニラの花。
可愛い花が咲きます。

 夏の日差しの下に咲き出したムクゲ。
夏に咲く貴重な庭木です。

 これも意外と知らない方が多いでしょう、オクラの花です。良く見ると幹から見慣れたオクラの形がいっぱい付いていますね。大きくさせすぎると固くて食べるには難しくなります。

 こちらはマメ科、ささげの花と実です。
赤飯を炊くときに使用する豆という方が分かりやすいですね。
徐々に実も取りためて、中の種を集めます。

 色々な実もなっています。
これから秋から早春まで、観賞や食用に四季を通じて変化していきます。

 ユリやザクロが次々咲いていきます。一つの花の寿命は短くとも、順繰りに蕾がついている花木は、思った以上に長く楽しませてくれます。

 ダリアは、今年も顔を出てきてくれました。