秋燃ゆる
自宅の庭木

10月、11月の我が家の顔を特集してみました。
赤や黄色に色づく木々が、散り際の美を見せてくれます。

親サイトも情報満載!

相嶋造園 二代目がゆく!

 満開のツワブキ。
花にとまる蝶も、これが最後の時期です。

 何よりも早く赤くなるのは、ブルーベリー。
先月まで実を楽しめたと思ったのに、また紅葉で楽しませてもらえるなんて、なんとも贅沢な木です。種類違いで6本くらい植えてありますので、順々に色づいていきます。

 左写真から、シャジン、ホトトギス、ケイトウ。

 シダレモミジ

 舞い落ちる葉も、また一つの風情を感じます。

左;カシワバアジサイ
右;ケヤキ

鉢物でも紅葉のきれいさに差はありません。

 ハクモクレンの黄葉。
黄色の葉の庭木を集めてみました。

ハウチワカエデ

ツツジ’春一番’

イタヤカエデ

ヤマブキ

ザクロ

フジ

ハナミズキ(奥はヤマモミジ)

 落葉系のツツジは、紅葉もきれいです。
 
 左から黒船、三つ葉つつじ

 でも、やっぱりドウダンツツジが一番鮮やかな紅葉をします。

シャラ

サンシュウ

ナンテン

庭の紅葉の共演です。

細葉のシダレモミジ

 同じようなモミジでも、木によって、場所や年によっても色が違ってくるところが、自然の不思議と奥深さです。

侘助椿’太郎冠者’

ケヤキ、コナラなどの大木も、いい色になりました。