ブルゴーニュ飲み比べ

ワインショップ・エノテカのオオタカの森店で催された、試飲会ツール・ド・ブルゴーニュに参加しました。

相嶋造園

親サイトも情報満載!

 世界にワイン産地は数あれど、やはりフランスのワインが一番好きです。
そこには、他が真似できない古い、古い歴史があるから。そのため、ワインの味が複雑なのです。
特に有名2大産地である、ボルドーとブルゴーニュは、普段ワインを飲まれない方でも知っている産地ですね。
 ボジョレー・ヌーヴォでおなじみのワインも、ブルゴーニュの一角にあるんですよ。
しかし、そのブルゴーニュという産地、大好きなのですがなかなか手が出ません。
偉そうに、複雑な味だと書きましたが、なかなか理解するのが難しいですし、このブルゴーニュの土地は、畑が一つ隣なだけで味が違い、しかも作り方でもまた味が変わるというワイン。
その職人気質を売りにしているのがこの産地の魅力ですし、好みのワインを探し出す楽しみでもあります。
が、一番の悩みどころは、ここは価格が高い!こと。ですから買うなら好みの生産者を見つける必要があります。
 そこで強い味方が、試飲会。こちらエノテカ・オオタカの森店では上質な試飲会を度々催してくださいます。
今回も、ツール・ド・ブルゴーニュという企画で10,000円前後のワインを5本試飲(2,940円で)させてもらいました。

左上写真、右側から
@ムルソー村
 06 ムルソー・プルミエ・クリュ・ポリュゾ/オリヴィエ・フレーヴ
Aシャンボール・ミュジニー村
 05 シャンボール・ミュジニー/ドメーヌ・ペロ・ミノ
Bジュブレ・シャンベルダン村
 06 ジュブレ・シャンベルダン・ラ・ジャスティス/シャルロパン
Cヴージョ村
 04 クロ・ド・ヴージョ/ドルーアン・ラローズ
Dヴォーヌ・ロマネ村
 06 ヴォーヌ・ロマネ・ヴィラージュ/ドメーヌ・デュージェニー

上記見方;生産地の村名
       ヴィンテージ ワイン名/生産者(@は白、残りは赤)

 これだけ代表産地からの選出はなかなか一遍に飲む機会なんてありせんよ!自分も今回の企画がなければ縁のない品です。合計で60,000円になるワインですからね。
 いつもは、格下クラス(それでも2000円台ではありますけど)ブルゴーニュばかり飲んでいますが、やはりこういうレベルのワインを飲まないと味がわからないということがよく実感できました。
こういうレベルを普通に飲むと、格下はなかなか飲めないよな〜。
しかもこれでも値段的には安い方なんですからね。

いやーいい勉強になりました。