爆走!稲取高原

伊豆稲取市の地元の方に、素人では走れないような道を案内していただきました。

相嶋造園

親サイトも情報満載!

 ナビでもかろうじてしか出てこないような半分崩れた細道を、これまた不安になりそうなワンボックスカーでやって来ました。
我々ツーリスト5名は、後部の2列目3列目に座っておりましたが、天井に頭がぶつかるほど飛び跳ね、カーブのたびにお尻が浮きながら、ジェットコースターのように走ります。
 伊豆、稲取町。稲取高原のど真ん中。数々のCMや映画のロケが行われる有名地です。一面すすきの広がる景勝地です。

 風が強いおかげで、返って天気は最高です。ふもとは無風かと思っていたのですけどね。

 そもそも何故ここにいるかというと、消防団の旅行で伊豆に来たことに発します。大半はゴルフをしているのですが、自分のようにひねくれた人間は、わざわざ旅行に来てまでゴルフをしたいとは思いません(そもそもゴルフにはまだ手を出していません)。もったいない気がするんですよね。いつもと違う環境にいるなら、その土地でないと体験できないことや、見られないものを見に行く方が見聞も広がると思ってしまいます。ですから、もう旅行に行ってもやることがない。と言えるようになったらゴルフ始めます。
 やっぱり中にはゴルフはしないという人間も若干いるわけで、その連中とどこに行こうかとなったとき、半ば強引にパラグライダーの体験ツアーに参加してしまったのです。
しかし、残念なことに風が強いため中止。それは初心者、ベテランを問わず、風速5mを超えたら山頂付近からは飛ばない、ましてど素人は飛ぶことすら危険、という判断で周辺観光&カヌー体験に変更になっちゃいました。
で、こちらフライトスクールのお姉さんがドライバー兼ガイドとなって景色のよい場所を案内くださっているのです。

 間近に見ると本当にでかい風力発電用の風車。
パラグライダー上級者は、スラロームのようにジグザグに間を抜けるそうです。風に乗れば100キロくらい飛べるそうですから驚き!
 一つ疑問が。行きは飛んで行くからいいけど帰りは?やっぱり迎えに来てもらうようです。着地地点は決めてあるそうですが、必ずしもそこに降りられないのも事実。
 ちなみに左写真のお姉さんがガイドです。小柄なわりにハードなドライビングをなさりますね。

 君らは自衛隊のポスター撮影かい!?

 右の車が案内車。時にはタイヤを空転させながらワインディングを駆け上ります。
パラグライダーに負けないスリルがあったかも。

 予想以上に盛り上がったカヌー体験。自衛隊の訓練でも使われた場所だそうです。フライトスクールの校長が出迎えてくださいました。
うちの連中はカヌーが気に入ったようで、それはそれで楽しかったですね。転覆する人はいないと言われながら、転覆する人間もいましたし…。
次回はホントに飛びに来ますね!