こども祭で、金魚すくいのお兄さんになる

 野田市内の小学校をまわる形で、毎年’こども祭’が開かれています。
純粋に、子供達と遊ぶことで地域のつながりを深める目的で開催されています。

 自分の属する、青少年相談委員でも、毎年これに参加、金魚すくいと駄菓子つかみ取りのコーナーを設けています。
自分は金魚すくいの担当となり、子供達と触れ合うことができました。

相嶋造園

親サイトも情報満載!

 わが母校、川間小学校での開催です。
なつかしの学び舎を見ながら、オープニングセレモニーに参加しました。

 青少年相談委員の持ち場のテント。
テント左側で金魚すくいを行います。
 金魚は1,000匹を用意。一回100円。
最後はほとんど残りませんでした。

 黒尽くめの怪しい集団にしか見えませんが、子供達はそんなのお構いなし。目は金魚しか見ていません。
 桶が小さいせいで順番に待ってもらい、順次金魚すくいに。
中には15匹を獲る強者小学生もいました。
大丈夫、最低でも3匹はプレゼントしますからね!

 他のテントも大賑わい!色んなコーナーがあって、大人も興味を持ちます。
来年は、どこの小学校にお邪魔するでしょうか?みなさん、お楽しみに!