大宮公園・小動物園

 カピバラファミリー、2014年に子供ができたと、めでたい!、え?お父さんは亡くなった!?母子家庭じゃないですか。可哀そうに、身につまされますな。

 動物園の後は、またお楽しみの遊具です。3人とも楽しそうです。しかし古いものあるな〜。温故知新ですかね。

相嶋造園

続いて登場、猿たち。

大宮公園の中にある、小動物園と児童遊園地に遊びに行きました。

 久々大宮公園の動物園です。何たってここは無料!なのがすごい。
大きな動物はいませんが、無料というにはびっくりする数の動物がおります。3年ぶりですが、だんだん新たな整備もされていたりしています。ぐるっと回ってみましょう。実際にどんな動物がいるのかは
公式サイトの園内マップ
http://www.parks.or.jp/omiyazoo/map-in-zoo/map-in-zoo.html
を参考ください。

こちらのケージは丸みを帯びていて、印象も和らぎます。

 街灯の下にいる猿。よくできてるね。実は他にもいたのかも?

 入り口のすぐ右側に、こちらのカワセミやシラコバトなど、小型の生き物を見られるケージもあります。

 ケージを出ると、入り口前になります。最初に登場のインコたちに隣接するケージに、ブタやヤギもいます。園内を弧を描くように一周すると、ほぼ動物たちを見ることができます。

フライングケージ。つまりでっかい鳥かごです。

 猛禽類のケージなんですが、何故かハイエナとクマという取り合わせ。なんでも、子熊のための施設が、ここの始まりだとか。

 そうなのです。最初にお出迎えは、カラフルな鳥たち。こちらの都合には合わせてくれないので、シャッターチャンスは合いませんでしたが、それでもきれいな鳥たちがうかがえます。

 中では鳥たちが自由に歩いています。決められたエリアしか歩けない人間の方が観察対象かな。

 鳥好きの3番目はここのケージに釘づけ。来て早々にこれでは、この先まだ長いよ。