ワイン会inごえんやさん

ごえんやさんのオーナー夫妻と、お店(ごえんやさん)でワイン会をしました。

相嶋造園

 「お店から食べ物頼もうと思っていたんだけど、それなら店で食べればって息子(ごえんやさんの経営者)が言ってくれたから、お店で飲みましょう。」と言っていただいたので、ありがたくワイン持ち込みでお店に上がり込みました。
 実はいつも宴会メニューしか食べことありません。
普段お店でいただける料理ってどんなものなのか、とっても楽しみです。

 自分の持ち込んだワインを、プロが開けてくださるなんて申し訳なくなることをさせていただきましたが、自信を持って持ち込んだ赤と白の2本です。大好きなイタリア、しかもよく知られたトスカーナ地方のワインです。
 まずは白、フェルシナのイ・シストリ。シャルドネとわからないふくよかさと、筋肉質なボディを併せ持つ逸品だと思います。高いワインではありませんが、説得力のあるワインで、自分の白一番のお気に入り。

 「味見ていただいて、サーブ状態を決めてください。」とお願いすると、さすがちょっとだけ冷やしてくれました。常温でも香り高く美味しいのですが、ちょっと冷やし目からだんだん適温になる変化が自分も好きです。このワインは本当に麦わらのような深い色をしています。

 こちら(多分)アボカドのフリット、アンチョビソース。アボカドがフワフワなんですが、ソースと合わせることでコクと奥深さが増します。付け合わせがいっぱいで、このプレート前菜?っていう内容。ごえんやさんの売りの野菜が本当においしいです。ちなみに、上記ワインと一緒に写っているのはシーザーサラダ。チーズが数種類使われていて、ワインのお供にいいですね(ただし、ワインとチーズの相性がいいという定説は、科学的には問題あり。舌の感覚を悪くさせるそうです。高いワインの時は注意です。)。他にイクラ&おろしや、おばあちゃんお漬物など、細かいサイドメニューも並びます。どれも手作りなので安心して食べられるのも魅力です。

 次に開けていただく赤が、ちょっとすぐには飲めない可能性があるので、先に味をみてもらい、スタンバイをお願いしました。
奥のテーブルで出番を待ちます。注ぐ姿がカッコいーな。

 ネギトロタルタルバケットのせ。普通はマグロとタルタルをあえて載せますが、ここでは新鮮なマグロを使っているので別々にバケットに載っています。確かにマグロうまい!
 

 偉大なるイタリアワイン、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ。コル・ドルチャの醸す伝統的大樽仕込みのワインです。繊細な味わいがとても美味しく、和食にもよく合います。

 赤ワインに完全に移ったと同時に、すごい注文を入れてくれました。阿蘇産の馬刺し(しかもたてがみつき!)と、国産牛のステーキフォワグラのせです。馬刺しもフォワグラも一切臭みがなく、高級店で食べているよう。ステーキも箸で切れます。品質にこだわっているのがよくわかる品です。

 最後にスイーツをいただくことになり、何がいいか?聞かれましたので、メニューで気になった、大人の贅沢塩アイスをお願いします。「自家製ならいっぱい食べたいですね。」と贅沢言うと、普段の3倍くらいのボリュームで持ってきていただけました。やっぱり塩って食べ物の中で一番大切なものですね。我が家も塩はこだわっていますが、この塩アイスもさすが自信作です!