筑波宇宙センター

相嶋造園

筑波学園都市に行くなら、絶対行きたい施設の筑波宇宙センターに、子供を連れて行きました。

 メインゲートから見える、総合開発推進棟。言わずと知れた日本の宇宙開発事業の中核です。厳重な警備をしています。
ここは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の所有する筑波宇宙センターです。宇宙飛行士の育成、宇宙開発に関わる研究・試験、種子島宇宙センターから打ち上げられた人工衛星の追跡・管理を行っております。宇宙兄弟という漫画を読んだことのある方なら必ず出てくる施設ですから、そういうもので触れている方もいるはず。
過去、ここの職員採用試験を受けた経験がありますが、採用試験も大変難解でついていけませんでした。男の憧れの職場と言えるんじゃないでしょうか。

 ロケット広場にある、HUロケットの実機です!全長50mの迫力は、ぜひその場で体験したいものです。
 今日訪れた場所は、全て常設展で、予約なしで入れるスペースです。

 HUロケットは、よく打ち上げ中止になりました。理由は、コストを抑えた設計のため、欧米にはない複雑なエンジンシステムをしていたからです。その思想が今のイプシロンにも生きています。

 常設展示室’スペースドーム’です。好きに見学もできますし、ガイドをお願いすることもできます。ちょっと古くなったな〜感はありますが、実物と同様の展示に心躍ります。まずは入り口地球と、宇宙服がお出迎えです。

 歴代の日本のロケットの模型の展示があります。右方向に最新になります。HU-Aあたりは一番大きいですね。イプシロンはかなり小型です。

 国際宇宙ステーション合体の日本の実験棟’きぼう’のリアルモデル。軌道上では今でも実験が続いているのでしょう。

 本物の人工衛星も実際こんな感じなんでしょう。京大で宇宙塵の研究をしていた友人がいますが、彼の成果もこういう場に活かされるのでしょう。

 「お父さん、木がロケットみたいだね。」子供がうまいこと言います。確かにシルエットはロケットだ!