三郷公園

相嶋造園

水元公園から、対岸にある大型遊具を目にしたお子様たちが、どうしても来たかった三郷公園で遊びました。

 この海賊船型アスレチックを見れば、子供なら間違いなく駆け出しますね!対岸からでも遊具が見えていて、行きたくてしょうがなかったようです。
駐車場より一直線に駆けて行きました。

 三郷公園は、広さ約17haに及ぶ埼玉県の総合公園です。小合溜井の両岸に、東京都の水元公園と対に存在し、お互いが協調するかのように一体感のある名所つくりをしているように見受けられます。
大きさは水元公園には及びませんが、四季ごとの見どころ満載の何度も足を運んでしまう公園です。やはり駐車場は有料ですので、その分の若干の負担は覚悟で。

 最後には3つの滑り台が待っています。全て違う方向に行くので、どこにしようか迷います。

 他にも色んな遊具があります。小学生までなら必ず合う遊びがあるでしょう。

 100円バッテリーカーです。これも子供は好きですね。その子によって車の好みが分かれます。

 ひときわ目立つ遊具のせいで、これだけが取り上げられがちな三郷公園ですが、憩いの場所としても大変すばらしい公園です。

 ネーミングは、’冒険の砦・それゆけ探検隊’だそうです。

 大きな小合溜に目がいってしまいますが、実は蛍の水辺や菖蒲園など、その時期にしか楽しめないエリアもあり、気になります。水元公園より確かに小さいですが、公園とてはかなり立派なものです。

 すごい!ユーカリの大木が、1本ではなく並木になって生えています。暖かいところの木ですから、こんなに何本もこのあたりの気候でも生えるのかと、ちょっと感動。言わずと知れたコアラの食べものですね。

 水元公園もそうでしたが、この規模の公園は、大規模の避難所に」なります。これが噂のかまどベンチです。板の部分を外せば、かまどが二つ使えます。

 水辺があると、とっても落ち着きますね。ここにボートなんてあるとまたいいんですが。