初午に笠間稲荷に行く

 我が家の稲荷様は、日本3大稲荷の一つ、笠間神社からいらしております。
この年最初の初午の日に、お札をもらいながら、参拝に行ってまいりました。

 白状すると、お札は親任せ。自分はとにかく取材です。
ここは笠間焼でも有名ですし、周辺にはなかなかいい公園や、美術館もあって、家族で遊びに来てもいいところです。
毎年行われるGWの陶器市も、楽しみにしているイベントの一つ。
 一の鳥居から楼門までの間には、お店が多数並んでいて、見ているだけで時が過ぎます。

 笠間稲荷神社のご祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)で、正一位という最高の位をもつ神様です。
 勘違いされている方もいらっしゃいますが、あくまでもお狐様はその使い魔であって、祭神ではありませんので。
お狐様自身も力のあるものとされてきたせいか、ごっちゃになって考えられてしまい、稲荷大神=お狐様と思われてしまうのは間違いですので。

 立派な本殿にお参り。奥では初午だけに多く方がお札をいただきに祈祷されています。

 なかなかいい形の松と、県指定の天然記念物’八重の藤’。5月には見事な花を咲かせます。

 国の重文にも指定されている本殿。こちらはその壁面にある彫刻。裏手に回らなければわからないので、見落とすことなかれ。

 初午は、いなり寿司の日だそうで、門前でイベントが行われていました。

 早速我が家の稲荷様にも、お札が掲げられ、油揚げと赤飯、お神酒が捧げられました。

相嶋造園