さいたま市で、今の農業を学ぶ・A
〜超硬派な一日研修旅行〜

 野田市4Hクラブの研修に、いつも肥料や農業資材でお世話になっている、さいたま市岩槻区にあるガーネットさんの計らいで、今さいたま市でも注目の農家さん3軒を案内いただきました。

相嶋造園

親サイトも情報満載!

 早速、回った順番に農家さんを紹介いたします。御三方とも、さいたま市の4Hクラブ員、もしくはOBの方々です。
はっきり言って全国レベルの農家さんたちですので、自分たちの小ささを感じされたというのが本音です。

1軒目;美園いちごランド様

 さいたま市緑区にある、独自の高設栽培施設でいちごを作る岡田さんです。
 以前珍道記にも掲載した大崎公園の入口のそばにあります。この地は植木の生産者も多数いらっしゃいます。

 実は岡田さんの実家は造園屋さんです。自分も跡取りの予定でしたが、このあたりで誰もしていないことをしてやろうと考え、いちごを作ることを決めたそうです。
 その後、イチゴ農家での修行を経て、故郷で独自の施設による観光イチゴ農園を作りました。日々研究に余年がなく、お客様に喜んでもらうにはどうすればよいか、いつも考えているそうです。何よりも家族で楽しんで仕事をなっさっている姿に感動しました。

見所満載の美園いちご園さんのサイトはこちらです。
http://www.misono-ichigoland.coml

2軒目;若谷農園様

 農業法人エコファームわかや・代表の若谷さんです。有機栽培や、農薬低減などに取り組むエコファーマーの資格を取得し、地域に根差した農業を行なっております。
 栽培品目は、小松菜とくわいとお米。小松菜最盛期の今、社員5名、パートさん30数名!という体制で仕事をしているところから、規模の大きさが伺えます。つまり大きすぎて声が出ません。

 一棟のハウスの大きさも桁違い!これがいくつあるのでしょうか?忙しいながらも、皆さん笑顔で仕事をされているのが印象的でした。社員は20代だし、パートさんは近所の方ばかり。「お互い助けあいだよ。」という社長の言葉が全てを物語っております。

若谷農園さんのサイトはこちらからhttp://www.ecofarm-wakaya.com

3軒目;黒臼洋蘭園様

 さいたま市見沼区にある胡蝶蘭の生産・販売を行う会社です。店舗の前にそびえる桜の木が見事です。いきなり大きなインパクトを与えられました。商品自体が今までにない高級品ですし、華やかさも段違い!社長の黒臼さんがここまで作り上げてきたのは、見た目の華やかさ以上に苦労がありました。

 台湾、中国などとの提携や、顧客管理、これほどの規模を持っていても、まだまだ努力を怠りません。現在息子さんが4Hクラブでも活躍されております。スケールが世界規模です。これほどの胡蝶蘭屋さんは初めて見ました。

http://kotyou.net/

見るだけで華やかなサイト

 皆さん、「次回はこちらから視察に行きますよ。できれば夜も親睦会したいですね。」と言ってくださいましたが、親睦会は歓迎ながら、これほどのものを見た後に見せられるものはないです。悔しいですが、これが今の自分たちのレベルです。しかし、これで終わりじゃあないですよ!大変な刺激を受けた一日でした。