新車来たる

 10年を過ぎたカローラに代わり、2008年3月新車を購入しました。
今回は、生まれ来るJrを乗せることが至上目的。スライドドアがいい。でもボディサイズは4m位の小型で。
ちょっと背が高い方が扱いやすいかな。などなどなんともわがままな相談。
そこで選んだ結論が、ホンダ’モビリオ・スパイク’です。

相嶋造園

親サイトも情報満載!

納車早々、お隣町常総市にある一言主神社で安全祈願をしました。

 平日の夕方にご祈祷に来る人間なんてそういませんわな。我々二人のためだけに、男女二人の神主さんがご祈祷くださいました。
さすが、一言だけの願いも疎かにせず聞き届ける一言主さま。車もお祓いされて、とても得した気分です。

 さすが’遊びを’目的に作られた車です。
収納の使い勝手や、シートアレンジ、荷物の容量、パワスライドドア機能など申し分なし。
1,5リットルのCVT/VTECエンジンは他の同じ排気量の車と比べ出足は最高です。さすがホンダですね。
欲を言えば、内装の作りこみや質感をもうちょっとよくしていたら、もっと売れていたでしょうね。そうは言っても納得の車です。
 しかも、次期スパイクは出ないとなると、これが最終モデルとなるわけで、希少価値も上がるでしょう。
こういうマニアックな車は、どこのメーカーでも洒落で作って欲しいものです。
現在、駆け込み購入増えているようですよ。

 来たばかりですし、奥様の車ですからいじってはいません。
でも、もともと乗る人それぞれの扱い方で使い勝手をアレンジする車です。
何もしないのもつまらないですし、車に申し訳なく思います。どんなアレンジにしようか、考えると楽しくなります。