イチゴ狩りに行ってきた

毎年、竹の子をお届けするお宅にお伺いすると、その日は親族の方々も数人集まっておられました。
すると家長から、「それじゃこれからイチゴ狩りに行こう!」の声がかかりました。

相嶋造園

親サイトも情報満載!

 ここは、手広く栽培をやっていない代わりに、一つ一つのハウスで、丁寧にイチゴ作りをしている農家さんです。
こちらは総勢7名。我々2人を除く5名は、皆50歳を越えていますが、やる気は我々以上です。
左写真の、左上に写っている、一棟だけのハウスを目指します。

 早速摘み始め、食べ始めます。
こう見ると、いちごがなっているようには見えませんね。

 でも心配ご無用、この時期すでにイチゴは最後の花を咲かせます。
イチゴ屋さんとしても、もうシーズン末期、ある程度元が取れ、生らせ放題してありますから、こちらとしても食べなかった者負けです。

 持ち帰りは量り売りですから、注意。

 ジャム作りが好きな母には、これだけあれば満足してもらえるでしょう。
車の中は、熟したイチゴの甘い香りで、一日アロマセラピーでした。

自然と艶の出ている、栃乙女と女峰です。