旧吉田家住宅歴史公園

柏市花野井地区にある、由緒正しき旧家の見学に行って参りました。

相嶋造園

 上記、左写真の瀟洒な家は今のお住まい。右側の写真の建物が見学できるエリアです。
こちら吉田家は、代々名主を務める豪農で、現存する建物も江戸末期から明治期ものです。柏市に寄贈され、平成21年に歴史公園に、平成22年12月に国の重要文化財に指定されました。

 入口である長屋門の前にある桜の木、前を通るたびに開花した姿を想像してしまう立派な木です。長屋門から続く板塀もすばらしく、映画の撮影にも使われています。

敷地内の散策も(広くはありませんが)いい雰囲気です。ボランティアのガイドさんが数人いらして、皆を案内しています。気軽に声をかけてみてください。

 こちらが母屋です。なんか昔の我が家を見ている気分。たらればの話ですが、もしかしたらこちらのお宅と親せきになっていたかもしれませんでした。
 母屋と続きである書院では、人気ドラマ「仁」の撮影なども行われています。都心から近くて、これだけの建物あまりありませんかね。今日は坊ちゃんもご機嫌いいですね。

 今日のお目当ては、実はこの書院前の庭です。苔が全体に張られ、よく管理されています。もし親戚になっていたら、この庭の管理もうちで行っていたのかな?こんな大きい規模じゃ手に負えませんけどね。