鉄道博物館

 車で行ったのですが、駐車場が大混雑!博物館までは50分で着いたのですけど、駐車空きを待つだけで数十分使いそうです。だったら、隣駅まで行って、そこから一駅電車に乗って戻ってくることにしました。
 ニューシャトルにも乗れて、子供たちはさらに大喜び!おもちゃのような大きさの列車が入ってきました。電車と違い、レールもパンタグラフもありません。
 鉄道博物館ですからね、やっぱり電車で乗り付けないとね。

 2階にあるジオラマでは、毎回何か行われています。うちは真っ先に建設機械に飛びついていて、他の子供たちとは見ている場所が違いましたが。体験型の博物館なので、親子で楽しめますよ。

親サイトも情報満載!

上二人の子供たちを連れ、実は親父の方が興味を持っていた鉄道博物館に行ってまいりました。

 鉄道博物館は、JR東日本創立20周年記念事業として建設されました。これだけの規模で、体系化された博物館は日本ではないのではないでしょうか?体験コーナーや実演など時間によって行われるイベントを通じ、肌で学べるもの魅力の一つ。

 駅直結の博物館へは、改札を出た目の前から始まります。一駅では乗り足りない子供たちですが、足早に反対方向へ走ります!そっちに出口ないぞ!

 雨の日曜日、大変暇している子供たちを見かねて、どこかに連れていくことにしました。
どこに行こ?いくつかの候補地の中から子供たちが選んだのは、大宮にある鉄道博物館です。
普段建設機械ばかり興味を持っている子供たちが、まさか鉄博とはちょっとうれしかったりします。実は自分も行ってみたかったので。
 ということで、子供たちがどうしても行きたくてしょうがないなら連れ行ってやるか、と言い訳をして3人でドライブです。

 こりゃ子供でなくても興奮しますね!これだけの列車が時系列で並んでいるんです。人が押していた車両なんていうのもありますよ。客車に入れるものもあり、時代時代の作りがわかります。また、列車の真下に入れ込めたりもでき、色々な角度から学ぶこともできます。
 お、敬礼さまになってますね!でも手が逆。おしい。

 やってきました鉄道博物館!まだ受付もくぐっていないのに展示物の嵐。自然と気分が盛り上がってきます。子供たちも予想以上に興奮中。

 人気は電車シュミレーターです。駅弁もよかったです。広場で遊んだり、お弁当を食べることもできます。子供を意識して、休憩スペースやトイレが多いものいいところです。

相嶋造園