田植えのお手伝い

野田市の農家の若手連中と、田植えをしてまいりました。

相嶋造園

親サイトも情報満載!

 一週間前より田植えの準備のため、草を抜き、代をかき、水を張った田んぼ。
 これで二段(2000u)の広さがあります。

 最新型の田植え機と、こちらの年季の入った一台の二台で田植えを行います。
 今回植えるところは3箇所に分かれているので、牽引車付きの方に遠くを頼みました。

 助っ人はたくさんいるのですが、一番がんばるのは機械ですので、植え始めると、我々は苗補充以外は応援団です。

 テンポ良く往復を繰り返す田植え機。早い早い。
この農業近代化が、大量生産、値段引き下げの原動力でしたが、今では価格の下落に伴い、設備投資による農家の首締めにも繋がっていて、諸刃の剣です。

 一月ごとにだんだん成長していく稲に、一喜一憂の日々。
 農業や工業を含め、何か自分で作り出すっていいです。