逆井城祉公園

茨城県坂東市にある、歴史を感じることのできる公園です。

相嶋造園

親サイトも情報満載!

 逆井城(さかさいじょう)は、下総国猿島郡(坂東市逆井)にあった戦国時代の平城です。
 当初は逆井氏が築城したのですが、落城後、後北条氏によって大規模に築城しなおされたため、それ以前の遺構と後北条氏時代の遺構が重なっている。はじめ逆井氏の城を逆井古城、後北条時代の城を飯沼城ともいうそうです。
北条氏による改修が入った際には、当時の最新技術を持ってハイテク城として生まれ変わりました。
 現在は、城祉公園として当時の文献や発掘調査を参考にかなり忠実に櫓(やぐら)門、橋、塀、主殿、二層櫓などが復元されています。
 この復元は、歴史ファンからも好評で、辺鄙な地でありまがら、見物に来る方が多い公園です。

 大手門にあたる西二ノ曲輪の木橋と望楼。橋の下の堀が、かつての飯沼のようです。

 移築された関宿城の薬医門。関宿城にはないところが面白く感じます。
 その奥に続くは、戦国期の本丸殿社を模した御殿と枯山水の庭園。
 この御殿は湮滅した堀之内大台城の発掘調査結果をもとに復元されたものです。

これこれ、枯山水は運動場じゃありませんよ!

市指定の文化財、観音堂。

 気軽な気持ちで撮影をはじめたのですが、実は珍道記で伝えたいほど、まだまだ奥があります。久しぶりに来たせいと、それほど大した復元じゃなかったか、という油断が失敗のもと。今度は時間をかけてゆっくり取材します。詳しく知りたい方は、当HPリンクコーナーの’埋もれた古城’で見てみてください。