約30分のショーが終了。子供の集中力だとそのくらい?終わった後は実物建機と触れ合います。

CATこども見学会

 現在待機中の建機たち。エントランス突当りからすぐ見えます。いつもの顔ぶれが揃っておりますね。CAT代名詞の黄色は変わりませんが、顔つきは時代によって変わっております。やっぱり最新型になるほどモダンな仕上がりになっております。

相嶋造園

 日よけのテントやお茶を用意してくれている配慮などCATの好感度があがります。本来スタッフを褒めるべきでしょう。最新型の建機の室内は、かなりのハイテクでガテン系のイメージはありません。

 後ろに並んでいた家族は郡山からだそうです。みなさん遠くから来てますね。また来たい?

秩父にあるCATのデモセンターで行われた、こども見学会に参加してきました。

 サラリーマン時代、コマツさんをクライアントに仕事してきた人間としては、キャタピラージャパンさんは最大のライバルの1つ。しかも、国内メーカーを応援する自分にとっては、敬遠したい海外メーカーでもあります。しかし、それだけいいものを作っているとも言えるので、興味は非常にあります。
 今回のこども見学会も、4年応募してしてやっと当選したレアチケットです。年に1度、夏の数日しか行わない企画だからです。一番のかき入れ時に現場を休むのも心苦しいですけど。

 普段から慣れ親しんでいるので、何故か余裕の子供たちです。意外に3男は興味薄。上二人は全てを回りました。

 ショーの形式としてはコマツと同じです。早いもの順ではなく、一度休憩室に皆で集まってから部屋を移動するスタイルは気配りがあっていいです。ただし、内容はコマツの方がいいかな。

 ここは別室の休憩所。へえ、子供たちが暇しないよう塗り絵があります。しかもここは飲食自由でみんなお弁当を食べています。知ってたらうちもここで食べればよかったな。また、ショベルカーのシュミレーターがあり、子供たちが列を作っておりました。もちろん大人も試せます。