夏祭り準備

地元、船形上の祭(大杉神社祭礼)のための提灯付けを行いました。

相嶋造園

親サイトも情報満載!

 毎年7月中旬の週末に、夏祭りのための準備をします。地元青年会が主催であるため、我々が準備をするのです。
集まった会員を、みこし&山車組み立て飾り付け班と、提灯設置班とに分けます。
作業はどちらも大変ですが、提灯付けの方は高所での作業、ロープを縛る作業、フォークリフトを操縦する技能などちょっと専門と経験が必要な作業ですので、仕事柄と資格と、いつものメンツが選ばれることとなるのです。
なので、入会以来10年、いつも提灯付けに従事。もちろん今年もです。

社務所の倉庫から、必要な備品を選び、運びます。提灯は、社務所の前と、祭の最後を飾る通り沿いに吊るします。

 先ずは取り付ける電線の下に配線を伸ばし、電球や提灯を取り付けます。
電線のない場所にはロープを張ります。

 フォークの上は太陽が近い。毎年準備の日って暑いんですよね。あんまり細かく掲載すると、東電やNTTから苦情が来てしまうかもしれないので(きっとこの時期はどこも同じようにしているでしょうから、頭痛いでしょうね)こんな感じで付けさせてもらっております。
本番が待ち遠しいですね!