千葉県青少年相談員連絡協議会創設50周年記念大会

 拓大紅陵マーチングバンド部による余興。今年全国大会に県代表で出場するチームです。

 こちらは相談員経験者による当時の活動風景や、事例発表をパネルディスカッション形式で行いました。皆さんすごいキャリアで驚かされます。

 来賓の顔ぶれも豪華ですね。県内全ての市町村の長に出席を要請したのでしょうから、豪華なのは当たり前です。野田市のように欠席という市もありましたが、ほとんどの市町村から出席があります。

 県知事から始まって、県現会長(元野田市の会長です)、歴代の会長代表の挨拶が続きます。この辺は、づらづらと続かず数名で終わらせる潔さが良かった。
少ない分、それぞれの言葉は沁みるものです。

 青少年相談員も、2014年で創設50年が経ちました。その記念式典に出席することになりました。
県の全ての市から参加者が来るので、式典に参加できる、本会場に入れるのは各市13人まで。後は2階のスクリーンで観覧になります。それでも倍くらいの人数が来ています。
 会場は木更津にある、かずさアカデミアパーク。すごくリッチな作りの建物です。
多目的ホールや結婚式のできるホテルがあります。
エリア内にはバイオ研究所などもあり、大規模な研究エリアを作ろうとしたようです。
残念ながら、かなり不便なところなで、周りに何もないのが痛いところで、広い用地を確保できたのはいいとしても、他に魅力を感じられないという残念な場所です。

 基調講演は、マラソンの小出監督です。自身の学生時代から東京マラソンを作り上げるまでの話を面白く、しかし興味深く話されました。

相嶋造園

野田市の青少年相談員として、県大会に参加しました。