我が家のカメラ1号
熱海の日の出を撮る

熱海のホテルから、日の出を撮影してみました。

相嶋造園

親サイトも情報満載!

 自分の父親は、カメラを携えて山に行くのが好きでした。父のこだわりはコンタックスのカメラ。今の京セラですね。
残念ながら、すでにそのメーカーはカメラは作っていません。
自分の子供の頃から、カメラ用品は本格的なものが揃っており、当時の価格で1本10万円を越えるレンズもありました。
 そんな環境だったせいか、カメラには愛着がありましたが、今だにまじめにのめり込む根性はありません。
それでも、HPを編集する都合もあり、1年間に10,000枚は撮影しています。
と、どうしても自分の適性にあったカメラが欲しくなります。(ブレずにどこでもフラッシュなしにスナップ写真が撮れること)
2012年現在、愛用中の2台のカメラを紹介しながら、それぞれ得意の映像を掲載します。

1号機;オリンパスPEN-Lite3
 最近購入した期待の星です。ミラーレス一眼は以前より欲しかったのですが、価格が意外と高くて手が出ませんでいた。
結局、約1年前に発売されたこちらが、ようやくお手頃価格になったので購入。
 性能に関しては、こちらで書く事はしません。どのメーカーにも一長一短があり、さらに本人の好みがあり、こだわりまで考えると、この程度の写真しか撮らない自分には恥ずかしくて語れません。

 ミラーレス一眼は、女性もターゲットにしているのでしょう、ボディカラーも各メーカー彩り豊かです。
 オリンパスも、この下のクラスは6色用意されています。しかし、オリンパスはレンズが共有で、シルバーしかありません。ニコンのように、レンズまでレッドだったりブルーだったりするとカッコいいのですが、シルバーのレンズなら、全身メタル調のシルバー(ホントにメタルなんですけどね)で決まり!
 また、アクセサリー類も自分が言うのもなんですがかわいいの多いんです!収まりの良い純正のカメラポーチに、社外のネックストラップをつけました。カメラ本体だけでなく、こちらでも個性演出できます。本革製のボディジャッケトもかっこいいですが、あえて機械っぽくしたいのでつけていません。

 オリンパスカメラの最大の特徴は、本体内手ぶれ補正機能でしょう。他のメーカーは、レンズ内補正なので、その分ボディが小さくできるのかなって思います。
 本体内補正は、日本のメーカーでは2社だけじゃないでしょうか?しかし、何がいいってその分レンズが安いことです。おかげで、望遠レンズのセットでも、標準レンズのみの価格から1万円も上がっていません!それで5万円を切る価格でした。もちろん安売り状態のせいもありますが、他メーカーとは2万円違ってきます。さらに、マウントさえさせられれば、昔のレンズだって綺麗に撮ることができるんです。
 ちなみに、フラッシュも別付けになります。自分は発光禁止でいつも撮っているので、お守り替わりですかね。ポーチに、フラッシュと予備電池(社外品で1200円)が入り、たすき掛けで持ち歩いています。

 これも欲しかった機能ですが、液晶画面が上下に可動します。これを越えるのは、ミラーレスの中ではソニーだけ(実はソニー欲しかったのですが、価格が落ず)!これだけの可動でも、全然使いやすさが変わりますよ!自分は子供や花の写真が多いですから。人の頭の上から撮る時も、こいつで良かった!と思いましたね。

 さて、ここからが本番ですね。
成り行きでこうなっただけのですが、急遽熱海の後楽園ホテルに家族で泊まることになりました。

 全室オーシャンビューのタワー館9階より。何となく早起きしたら、絶好の撮影タイムでしたので、これで来年の年賀状決まり!と撮り始めました。三脚なしの窓越し、ガラスを通しての撮影です。この左写真の期待感あふれる雲、カッコよくないですか?カメラは完全オートで、スナップ写真のサイズです。つまり腕ではなく、カメラの性能で撮っております。

望遠レンズだから撮れた大きさです。(誰ですか!切り抜けばいいなんて考えているの!)ちょっと感動。

 雲の間からっていうのも劇的ではありません?