ヘリコプター飛来

隣の草原にヘリコプターが降りてきました。

相嶋造園

親サイトも情報満載!

 野田市にある私立高校の周囲の草刈りを行っていると、突然ものすごい音がしはじめました。見上げると、こちらに向かって2機のヘリコプターが近づいてきます。

 これまた轟音に負けなくらい、周囲のものを風で舞飛ばし、着陸してきました。
 このヘリ、何かといいますと、水田に黒酢を散布るために呼ばれたヘリなのでした。
水田用農薬の空中散布は、全国的に自粛されていますが、新たな試みとして、野田市では黒酢による病害虫発生の抑制や栄養を与える農法を実践することになりました。
 今までは一部地域だったものをもう少し拡大して、大々的に実施します。7月下旬に1回目の散布、8月上旬に2回目の散布をします。
 たまたまその基地が学校の隣にあり、たまたま草刈り作業と重なりました。しかし、今まで来ていた2人乗りの小型と違い、4人乗りは大きくて迫力もありますね。

 散布用のノズルが機体下左右に伸びているのがわかりますか?
空の旅は快適かと思いきや、結構気を使うらしく、疲れるそうです。また、ヘリの価格によって性能にも差があるそうで、「車のがいいよ。」パイロットさん笑っていました。

 

 出番は明朝5時。
それまでは待機です。
カバーをかぶせ、ちゃんとプロペラを固定してあります。

 仕事を増やしてくれましたね!芝を刈って掃除まで終わったところに外側から葉っぱが舞い込み、すごいことになっています。かなり広範囲に散らばっていて、用務員さんもちょっとお怒り。
 明日飛び立つまでは掃除しても無駄ですからね、このまま放置することにしました。
もちろん、フェンス向こうにいた役所・農政課の人たちには小言を言っておきました。