めだかの学校

仕入先の材料屋さんで、今年も大いに繁殖したメダカたちを撮ってまいりました。

相嶋造園

親サイトも情報満載!

 点在する、売り物である水鉢をよく覗くと…
おっ!メダカさんがたくさんいます!

 他のものを覗いても、います、います。
でも、場所によってメダカの大きさが違います。
わざわざ分けておくの大変そうですが、なんででしょう?

 実はメダカって意外と獰猛な魚なんです。共食いは日常茶飯事。ですから大人と子供を一緒にしておくと、みんな大きい方に食べられてしまうんですって。
ですから、繁殖させるためにはあちこち分けないといけないのですって。そういう意味で、おちらは理想的ですね。
いくら分けても入れる場所が余るほどありますから。もちろん希望者には、そのままメダカ付きで売ってくれます。

 あんなとこや、こんなとこ。とにかく水が貯まればそこにメダカがいます。
メダカがいれば、ボウフラも湧かない?

こちらにいたのはカエルだけ。あれ?食べられちゃった?