黄昏時の寒川神社

夕闇迫る中、寒川神社に立ち寄りました。

相嶋造園

親サイトも情報満載!

 出かけた帰り道、茅ヶ崎の国道で寒川神社の看板を発見。
関東では有名な神社ですので、一度寄ってみたかった。ハンドルをつい左に切って…。

 千五百年余りの歴史を有する古社で、相模国一之宮とも称され、霊験あらたかな神社として現在に至まで信仰されてきております。
また、古くより関八州の守り神として、また江戸の正裏鬼門をお護りするお社として、全国唯一の方位除・八方除の守護神とされています。

 平日の夕方である上に、すでに六時半を大きくまわり、七時になろうとする時間。
 神社の周辺には色々な施設やお土産さんもあり、2時間前までは大変活気があったことが伺えました。
しかし今は人っ子一人いない参道です。
もちろん駐車場にも一台も車なし。

 逢魔が時といわれるごとく、この世とあの世の境が闇に溶けていくような視界。神社の境内ではなおさら意味深です。

 入り口である太鼓橋を渡り、三の鳥居をくぐり、本殿前の神門まで来ました。

う〜ん残念、すでに神門は閉門です。

 こちらは元神門であった、現在は南門です。
今度は開いている時間に来ましょう。