大悲願寺の萩

我が家のお客様でもある、東京都あきる野市の大悲願寺さんに、有名な萩を見に来ました。

相嶋造園

親サイトも情報満載!

 大悲願は、東京都あきる野市(旧西多摩郡五日市町)に ある真言宗豊山派の寺院で、山号は金色山、院号は吉祥院、本尊は大日如来です。源平合戦でその名を馳せた武将平山季重(スエシゲ)が建立したと云われ、 優れた文化財を数多く保存しています。
  萩の名所として名高く、我が家もそのご縁で松の手入れを中心にお世話になっております。
 秋のお彼岸のころです。お参り客と参拝客で賑わっております。駐車場のはしには、曼珠沙華が儚く咲いています。お寺に合う花ですね。
 

 道路沿いの素敵な白壁の塀に沿って進むと出てくるのが仁王門。もちろん仁王様がいらっしゃいます。この山門自体、普通のお寺にはありませんね。江戸時代の作のようです。

 国の重文・阿弥陀如来三尊像が安置されている観音堂・無畏閣。お堂自体も市の文化財です。

こちらのお堂の天国と地獄の彫刻は必見ですよ!こちらは建物や文献など文化財宝庫。

 都の文化財の本堂と、市の文化財の鐘楼と朱雀門。鐘楼を突く棒が、シュロの幹だったのは面白かったです。本堂内には古文書が保管されています。

 かの伊達正宗が、訪れた際に、この白萩がほしくなり、後日手紙を出したほどの萩です。赤い色が混じっているのが昔の品種ともいえます。

 当時、真言宗の本山である長谷寺に勤めていた、うちの地元富蔵院の住職と、この萩を本山に分けてもらうために訪れたのが、我が家で松の手入れを頼まれるきっかけとなりました。腕を見込まれたのはうれしいのですが、連日通うのは一大旅行です。

 無造作に存在するのは、佐渡の赤石じゃないですか!

 ちょうど両親が仕事で来ているときに子どもたちと取材に来ました。年を重ねるごとに、松も形がよくなってきました。そのせいか仕事が松以外に広がってきているのがちょっと怖いっす…。