サイボクハムで食い倒れ

近所にもファンの多い、サイボクハムの楽農ミートピアで食い倒れてきました。

相嶋造園

親サイトも情報満載!

 サイボクハムは、埼玉県日高市にあるハムやソーセージの加工メーカーです。ただし、こちらの基本は養豚。そこからすばらしい豚を生み出し、それを極力添加物を使わない健康志向の製品にしています。
 このこだわりと自信は、単なる地方生産者の枠を越え、多くの人の共感を呼んでおります。
今いるこの直営の販売所も、その人の多さたるや人気の高さがよくわかるというもの。
 契約の農家による直売や、温泉などの施設もあり、こちらも盛況ではありますが、皆が来る目的は’肉!’です。
スーパーのような販売所だけではなく、売店で売っている製品を食べに来るだけでも、とっても幸せを感じる場所です。

 日曜日ということもあって、駐車場はいっぱい、場内も人だらけ。確かにここは食育のテーマパークと言っても過言ではありませんが、しかしこんなに混んでいるなんて!
売店で軽食を買うだけでも15分は並びますよ。
 それでも食べたいソーセージ。スペアリブにステーキハム。和牛や鳥もいます。
ここにいたら草食系なんて言ってられません!ある種本能が目覚める気になりますね。それとビールがほしくなるな〜。
 人が多いせいもありますが、売店で買ったものを食べる場所を確保するのも一苦労。しかも、隣で自分の買ったものとは違うものを食べているのを見ると、つい食べてみたくなります。

 なぜか行きも帰りもこの池で魚を見入る兄弟。水が好きなのはわかるけど、よく飽きずに眺めているな、とこっちが感心します。でもこういう庭園風の池も風情があっていいよね。

 いました豚君3兄弟です。なぜか人気あります。子どもたちにとっては癒し系のキャラなんでしょうかね。
 2011年3月生まれ。なんと我が家の下の子と同級生です。我が家もまるまるしている方ですが、こちらも生まれて半年でずいぶん大きくなるのね。

 よく食べ、よく遊ぶ。大人向けにはグランドゴルフもあります。こちらの肉製品は、スーパーのものより高いです。倍から3倍します。それでもおいしさと安全は、お金を出してでも買うべきです。そういうこだわりを皆が持つと、安い製品だってある程度のレベルまで質を考えざるを得なくなるはず。特に子供には変なものを食べさせたくないじゃないですか。

 ここは子どもたちの聖地ですね。親たちは一休み。もちろん我が家は休ませてもらえないですけど。