祖光院の彼岸花

4歳児のカメラワークで祖光院を振り返ってみましょう。

松戸にある彼岸花の名所、祖光院さんに寄ってきました。

 奥に見えるのが本堂です。建物はそれほど大きくありません。それなのに、こんなにお客様が来ているのがすごい!裏手にはお墓があるので、ちゃんと檀家さんもいます。
 今日は次男が一緒です。いっちょ前に4歳のくせに撮影してます。後で一部をご紹介しましょう。

相嶋造園

 広さは十分、あとは株の充実による満開感が欲しいですね。
日当たりのいい場所の方が、発色がいい気もします。

今咲いていた花色は、大きく3種類。他のサイトには黄色なども掲載されているので、いい時はもっと花色も豊富なんでしょう。

 いくつかの場所にこのような広いエリアがあり、そこに彼岸花が徐々に増えているといったイメージです。きっとこれからさらに増えていくのでしょう。今年は早めに開花していて、すでに中日でも盛りをすぎています。

 祖光院さんは、松戸市金ケ作にある、曹洞宗のお寺です。地元ではかなり有名な彼岸花の群生地で、林の中にあるところから、ミニ巾着田と呼ばれているそうです。
約10万本の彼岸花の株があるそうです。

 境内には縁起物の石像がありました。なかなか可愛いですね。

 自分が撮らなくても、十分な写真ですよ!惜しむらくは、接写でのピンボケです。古いコンデジなので、もともとピントが合わせにくいのにここまで4歳で撮ってもらえると、親ばかとして今後を期待しましょう。