利根川増水監視中

今回の台風は、速度が遅い上に関東直撃!大量の雨を降らせていきました。

相嶋造園

親サイトも情報満載!

 下総有料大橋を、茨城側から渡って、野田市に入る橋の上。見えてきたのは利根川です。

 野田市において消防団に所属している者は、市からの要請で、自動的に水防団にも属しています。
これは、河川における災害や緊急時に出動するもので、大きな河川、この周辺では利根川や江戸川に接している市には大抵あります。
 毎年、消防庁や自衛隊、一般市民と一緒に江戸川水域における市町村合同の水防演習も行われています。
 我が分団は、地元周辺の利根川が管轄区域。
警戒が必要なときは、自主的に見回りもします。
 今回は、仕事の合間に見回りに来ました。

 台風の翌日の利根川です。台風一過で快晴が広がります。
実際に増水するのは、川の上流に降った雨が流れ着く台風の翌日から翌々日です。
利根川には、ここより上流に渡良瀬遊水地という大きなスペースと水門があり、そこである程度調整して流しています。
ですので、水かさが増しても、決壊するような被害はここのところありません。
 ちなみに、台風時の渡良瀬遊水地付近の水量は、インターネットでタイムリーに見ることができます。
今回は、前回の警戒要請のときより水かさが多く、土手の3分の2が水没。
土手の中段を越えること自体相当な水量になっていることなので、付近の方々も注意しておきましょう。

 車の中からの撮影ですが、相当増えているのがわかります。
 いつもは、下段に広いスペースがあるのに、生えている木も、頭しか見えません。

 今回は、この後無事に水は引いていきました。
しかし、次回も無事に治まるかはわかりません。
このところの異常気象により、台風の勢力も大きくなりがちなのが心配です。
我々も、いざと言うときの訓練を怠ることはできません。
 野田市で言えば、今洪水時のハザードマップを各戸に配布したはずです。自分の地域についてだけもよく把握しておきましょう。