持法院の彼岸花

地元の彼岸花の名所、持法院で秋の名物を撮影してきました。

相嶋造園

親サイトも情報満載!

 柏市にある古刹、天台宗・持法院。
16号沿いの、田園風景の広がる藤ケ谷にあります。国道から見える所にあります。
 平日なのに、撮影客でいっぱいです。みんないい機材使っていますね。三脚ばっか。

彼岸花;ヒハンバナ科。中国から渡来したものが野
     生化したと考えられている。
     秋の彼岸ごろに咲くので、この名がついた。
     別名の曼珠沙華は、もともと法華経にある
     天井赤花のこと。
     万葉集には、’壱師(いちし)’の名前で出て
     いる。
     鱗茎は有毒なので、ジゴクバナ、シビトバナ
     と呼ぶ地方もある。

数は少ないけど、白花もきれいです。

境内でも、彼岸花があちこちで咲いています。

最近は、土手沿いや、あぜ道で彼岸花の名所も増えているので、見ごたえある場所がかしこにありますね。